スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裏付け不足…「DNA型鑑定を過大評価」 警察庁、足利事件の捜査検証結果発表(産経新聞)

 平成2年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で、再審無罪となった菅(すが)家(や)利和さん(63)を真犯人とした捜査の問題点について、警察庁は1日、当時最新の科学捜査手法だったDNA型鑑定を過大評価したあまり、先入観による取り調べから菅家さんを追い込んで虚偽の供述を引き出し、自白内容の裏付けや信用性の確認も不十分だった−などとする検証結果を公表。捜査全般を「客観的証拠に乏しく『自白』に大きく依拠した捜査」と総括した。

  [フォト]無罪が確定し、支援者と抱き合う菅家利和さん

 足利事件の捜査の検証をめぐっては、警察庁と栃木県警が昨年6月、それぞれ調査検討チームを設置。連携しながら捜査資料などを精査したほか、事件発生時と菅家さんの逮捕当時の警察庁捜査1課長や、栃木県警本部長ら幹部を含む捜査関係者約20人から事情を聴くなどしてきた。菅家さんにも要請したが、聞き取り調査はできていない。

 検証結果では、菅家さんを犯人と決めつけた捜査の問題点としてまず、DNA型鑑定を過大に評価していたことを指摘。当時のDNA型鑑定の個人識別力(1000人中1・2人)に対する正確な理解が不十分のまま、菅家さんを犯人とする誤った先入観をもって取り調べを続け、「虚偽自白に追い込んだ」とした。

 また、菅家さんが取調官の期待に沿った供述をする「迎合」しやすい性格である可能性に対する留意が欠如していたことにも言及。

 DNA型鑑定への過剰な信頼や、「犯人でなければ重要凶悪事件を自供するはずがない」との思いこみから、「(取調官が)期待する供述が得られるまで繰り返し質問したりする取り調べが虚偽供述につながった」と結論づけた。

 一方、捜査本部の統括役である捜査主任官が取調官を兼務していた事実に触れ、菅家さんの供述と、捜査で得られた客観的事実の裏付け結果との整合性や、矛盾点について、いずれも吟味が「不徹底だった」と分析している。

 捜査に誤った予断を与えることになったDNA型鑑定では、「当時定められた手順で実施されたものと認められる」としたが、わずか190人分のサンプル数から算出した内部データであり、科学的には「参考程度」のものだった。

 また、保管しておくべき鑑定記録の紛失にも言及。解析画像8枚のうち5枚の所在が分からず、ネガフィルムもなかったため、「残された鑑定記録とは矛盾しないという以上の検証結果は得られなかった」という。

【関連記事】
足利事件再審 菅谷さん、法廷では笑顔なく
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述
「あなたは反省してるんですか!」声を荒らげる弁護側
「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事 足利再審

五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
<ゆるキャラ>仏教界にもブーム?(毎日新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)

首相動静(3月25日)(時事通信)

 午前7時30分から同45分まで、チリのピニェラ大統領と公邸で電話会談。外務省の武正公一副大臣、吉良州司政務官ら同席。同48分から同8時8分まで、松井孝治官房副長官。
 午前9時51分、公邸発。「昨晩の民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長との会談内容は」に「今が一番厳しいときだからこそ、しっかりと党と政府の意思疎通を頻繁に図っていこうと(話した)」。同53分、国会着。同55分、参院第43委員会室へ。同10時、参院厚生労働委員会開会。
 午前11時42分、参院厚生労働委休憩。同43分、参院第43委員会室を出て、同44分、国会発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。同48分から同58分まで、松井官房副長官。午後0時6分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時7分、菅直人副総理兼財務相、仙谷由人国家戦略担当相、平野博文官房長官と昼食。
 午後0時49分、菅、仙谷、平野各氏が出た。同50分、首相会議室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同55分から同57分まで、五十嵐文彦衆院災害対策特別委員長。同1時から同2分まで、牧野聖修衆院政治倫理・公選法改正特別委員長。同3分、衆院本会議開会。
 午後2時35分、衆院本会議散会。同36分、衆院本会議場を出て、同37分、国会発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後2時40分、熊本県の宮本勝彬水俣市長、田島一成環境副大臣、松野信夫民主党参院議員が入った。同58分、松野頼久官房副長官が加わった。同3時6分、全員出た。
 午後3時9分から同35分まで、三谷秀史内閣情報官。
 午後3時36分から同51分まで、日本貿易振興機構(JETRO)の林康夫理事長。岡田秀一経済産業省通商政策局長同席。
 午後3時52分から同4時9分まで、福島瑞穂消費者・少子化担当相、内田俊一消費者庁長官。同13分、執務室を出て首相会議室へ。同14分、菅副総理兼財務相、岡田克也外相、赤松広隆農林水産相、直嶋正行経済産業相、仙谷国家戦略担当相が入った。同33分、平野官房長官が加わった。
 午後4時53分、全員出た。同54分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後4時56分から同5時4分まで、仙谷国家戦略担当相。同5分、執務室を出て特別応接室へ。同6分から同15分まで、報道各社のインタビュー。「郵政見直し法案に関して、亀井大臣にどう答えたのか」に「私が了解をしたというふうに伝えられているが、実際には了解ではないと理解をしていただきたい」。同16分、同室を出て大会議室へ。同17分、「新しい公共」円卓会議開始。
 午後6時40分、同会議終了。同41分、大会議室を出て、同42分、官邸発。
 午後7時15分、東京・上落合の落合斎場着。国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の故川上隆久事務総長副特別代表の通夜に参列。同18分、同所発。
 午後8時3分、東京・芝公園の東京プリンスホテル着。同ホテル内の日本料理店「清水」で岩見隆夫毎日新聞客員編集委員らと食事。
 午後11時、同ホテル発。同9分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

線路に転落した男性救助、会社員2人に感謝状(読売新聞)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)
官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
戦時徴用者記録、韓国に提供=賃金未払い17万5千人、総額2億8千万円(時事通信)
有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)

西部邁氏「構造改革は乱暴な言葉」(産経新聞)

 奈良「正論」懇話会の第40回講演会が29日、奈良市内のホテルで開かれ、評論家の西部邁(すすむ)氏が「保守再興に向けて」と題し講演した。この中で西部氏は「国の歴史の知恵が改革のあり方を示してくれる」と強調した。

 また、近年盛んに叫ばれた「構造改革」について「自分の精神の根本を引き抜くことで、歴史感覚の乏しい人が使う乱暴な言葉。米国から来た言葉で、事務所、工場内での構造改革という意味だった」と批判。そのうえで「歴史の常識の中で、平等と格差の間、友愛と競合の間でバランスをとることが大切だ」と指摘した。

 さらに「歴史が伝え残すコモンセンス(常識)は地域や時代を超えて共通する。根本的に共通するものごとの判断基準は健全だ」と語った。

【関連記事】
郵政改革を参院選争点に 自民・大島氏「時代に逆行」
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる
鳩山政権に警告 普天間問題、三方千両損なる可能性も
日米安保50年 鳩山内閣、日米同盟最大の危機どう乗り越える?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【健康】「病気の苦しさ」語りデータベース 治療法を選ぶヒントに(産経新聞)
<東急東横線>自殺? 乗客2時間閉じ込め(毎日新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
神戸でも民家全焼 1人死亡(産経新聞)
野中広務・元自民党幹事長が民主に陳情(産経新聞)

<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)

 広島市が20年に招致を検討しているヒロシマ五輪について、広島市議会は26日の本会議で、関連の10年度予算案約2600万円を全額削除する修正案を賛成多数で可決した。前日の予算特別委員会でも可決されていた。「市民の十分な理解がなく、財政面でも困難」との理由で、市は招致活動の方針転換を迫られる。

 予算案は、外部業者に委託する基本計画策定費約2300万円と、長崎市などとつくる招致検討委員会の運営費約90万円など。保守系2会派が提出した削除の修正案を、25日の予算特別委員会で可決していた。

 市側は予算特別委員会前日の24日から、各市議への接触を始めた。複数の市議によると、秋葉忠利広島市長が、議員やその後援者に電話をして説得。さらに市幹部は「広島で五輪ができなくても、マラソンを持ってこられるかもしれないから」と市議を説得したという。東京都が主会場となり、広島で1競技を行うことを想定しているとみられ、市議の1人は「東京が五輪に手を挙げるとも決まっていないのに」と批判した。【矢追健介】

【関連ニュース】
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
20年夏季五輪:「国民は招致希望」 市民グループ、署名7485件提出 /広島
旧広島市民球場:解体中止、新たに1721件署名 広島市に提出 /広島
20年夏季五輪:招致、財政面に疑問の声 広島市議会で議論 /広島
原爆症認定:交付申請「適切な運用要望」 来日要件撤廃受け広島市長 /広島

<保育所待機児童>4万6058人に増加 厚労省発表(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>京都へ出発(毎日新聞)
関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で−岐阜地裁支部(時事通信)
【自民党「苦悩」の現場】「邦夫の乱」は収束 執行部批判…幹部からも(産経新聞)
自民・大島幹事長、藤川市議の参院選擁立認めた(スポーツ報知)

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)

 大学時代の友人から「近い将来、選挙に出たいのだが、どうしたらいいか」と相談を受けた。「今の政治にはあきれている。自民党もだめだが、民主党も化けの皮がはがれてきた。“改革派”と呼ばれる地方の首長たちも、ほとんどが中央政界に打って出るまでのワンステップと考えている。これでは地方がよくなるはずはない」と嘆く。

 画商、経営コンサルタント…自らのキャリアを省みて、50歳の節目に自らが生まれ育った地域に、何らかの形で貢献したいと思い立ったという。一時は社会福祉関連のボランティアも考えてみたが、以前、スタッフとして地方選挙に携わった経験から、政治に参画する方がより多くの成果を上げられると確信したという話だった。

 各種世論調査の数字をあげるまでもなく、鳩山民主党政権に有権者は大きく失望している。一方、「健全野党」を期待された自民党は、成算なき審議拒否戦術の失敗もあって、鳩山邦夫元総務相が離党、与謝野馨元財務相が離党・新党結成を視野に執行部の一新を求めるなど、ほぼ“壊滅”状態にある。公明党も共産党も社民党もこの国を、とりわけ疲弊した地方を、どこに向かわせようとしているのか疑問だ。

 「既存政党や自称『改革派首長』らが目指すという新党をあてにはできない。地方議員が自分自身の人脈でネットワーク、横のつながりをつくり、知恵を出し合って、地方のための政治をするというのが理想だ」という。

 ふと、海部政権時代の「政治改革」のうねりを思いだした。結局、挫折することになった当時の動きが、「改革」という名に値するものだったかは議論の分かれるところだ。だが、首相官邸に押しかけ、議員バッジを外して衆院解散をてこにした改革断行を迫った自民党若手議員たちの面影が重なって見えた。

 「地方の時代」が叫ばれて久しい。しかし、明治維新以降、脈々と築き上げられてきた「官僚制中央集権国家」を解体的に見直すには至っていない。「道州制」の導入もかけ声ばかり先行しており、地方を中央の“呪縛(じゅばく)”から解き放つ税源移譲もこれからの論議だ。

 多くの有権者が政治の現状にあきれ果てている中で、自らの生きた証しとしてふるさとを少しでも豊かにしたいという志は貴重だ。「政治とカネ」を吹き飛ばすパワーに成長してくれることを願いつつ、陰ながら応援したいと考えている。(編集長 関田伸雄)

【関連記事】
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席
静岡県議会 「自民改革会議」が第1会派へ
岩手・久慈市長選で推薦候補敗退
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏
首相、奈良県を視察 早くも参院選モード「必要な公共事業は大いに努力」
20年後、日本はありますか?

地域通貨「龍馬小判」でまちおこし=静岡県下田市〔地域〕(時事通信)
<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
札幌市円山動物園 また性別判定ミス ライオンとエゾシカ(毎日新聞)
北教組事件で2人起訴=民主・小林氏陣営に選挙資金−規正法違反・札幌地検(時事通信)

盗撮の自衛官を現行犯逮捕=駅エスカレーターで−千葉県警(時事通信)

 千葉県流山市の駅で女子学生(20)のスカート内を盗撮したとして、県警流山署は16日、県迷惑防止条例違反容疑で、航空自衛隊十条基地補給本部人事課の3等空曹今陽平容疑者(29)=同市南流山=を現行犯逮捕した。同署によると、「ムラムラしてやった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は16日午後9時ごろ、つくばエクスプレス南流山駅構内の上りエスカレーターで、カメラ付き携帯電話を使い、大学2年の女子学生の後ろからスカート内を盗撮した疑い。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る
盗撮の成田空港巡査を逮捕=スカート内にデジカメ
名古屋高検検事に盗撮容疑=迷惑防止条例違反で捜査
防犯団体、活発に活動=「月に20日以上」が4割

関係閣僚が普天間移設先で最終調整 今週中に政府案を決定へ(産経新聞)
<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
「死ぬかもと思った」=逮捕の母供述−奈良5歳児餓死
「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
民主・輿石参院議員会長「国民は我慢して」 支持率低下に(産経新聞)

未発見の密約関連文書「在任時に確認」証言へ(読売新聞)

 衆院外務委員会は19日午前、外務省の有識者委員会が日米間の核持ち込みなどの「密約」に関する報告書を公表したことを受け、参考人質疑を行う。

 参考人の一人、東郷和彦・元同省条約局長は外務省の内部調査では発見されなかった数点の密約関連文書の存在を在任時に確認していたことを証言する見通しで、関連文書が破棄された可能性が高い。

 東郷氏は1998〜99年に条約局長を務めた際、局内に分散して保管されていた核持ち込み密約に関連する文書を数冊のファイルにまとめた。この中には〈1〉60年の日米安全保障条約改定時に当時の外相と駐日米大使が交わし、米国が核持ち込み密約の根拠とした「討議の記録」〈2〉父親で元外務次官の文彦氏が北米局長当時の68年に作成した「装備の重要な変更に関する事前協議の件」(東郷メモ)などを確認したという。

 ところが、外務省の調査では、歴代次官が欄外に外相らへの報告日時などを記した東郷メモの実物は見つかったが、東郷氏が見た欄外に書き込みがない写しは確認できなかった。また、東郷氏は、60年に当時の外務省幹部が米側から核兵器の所在について「肯定も否定もしない」政策の説明を受けた記録も残したとしているが、発見されなかった。

<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構−国交相(時事通信)
「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁(産経新聞)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?

<患者6人骨折>看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で(毎日新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院(穀内隆院長)で08年末から09年初めにかけ入院患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を骨折した問題で、県警佐用署は11日、看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=佐用町山脇=を傷害容疑で逮捕した。「職場の人間関係にイライラしてやった」と供述し6件とも自分がやったと認め、夜勤や巡回中に患者を暴行したことをほのめかしているという。

 直接の逮捕容疑は、09年1月13〜19日の間、うち1人の女性患者(当時85歳)の胸を両手で圧迫するなどして肋骨を骨折させたとしている。

 同署によると、6人は当時75〜99歳。いずれも寝たきりで意思表示ができない状態だった。既に全員死亡しているが、骨折との因果関係は不明。病院は08年12月、1人の女性患者の異変に気付き、肋骨の骨折を確認。その後、他の5人の骨折も判明した。羽室容疑者は6件中3件の第一発見者だった。勤務日誌などから羽室容疑者が浮上した。

 病院によると、羽室容疑者は06年9月採用。いったん退職後、08年4月に再び採用され、09年9月から妊娠のため休職していた。西浦敏夫事務長は「まじめで穏やかな性格で、患者からのクレームもなかった。関係者に迷惑をかけ、おわびしたい」としている。

 医療関係者が病院内で患者に暴行し、逮捕された事件としては、和歌山市の病院で02年、統合失調症の入院患者が看護助手の男に殴られて転倒し、死亡した傷害致死事件や、千葉県八千代市の病院で08年、看護師の男が精神科の男性入院患者の右腕を骨折させた傷害事件などがある。

【久野洋】

政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく(産経新聞)
シー・シェパード船長逮捕 再発防止「?」 不安消えぬ捕鯨関係者(産経新聞)
鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調−就任半年(時事通信)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し−最高裁(時事通信)

<訃報>平尾勝さん89歳=元ダイダン副社長(毎日新聞)

 平尾勝さん89歳(ひらお・まさる=元ダイダン副社長)10日、心不全のため死去。葬儀は13日午後1時、奈良県宇陀市榛原区萩原767の1の自宅。喪主は娘婿健治(けんじ)さん。

普天間移設「有力案を言う段階にない」 鳩山首相(産経新聞)
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁(時事通信)
平岩、五木両氏が直木賞選考委員退任(時事通信)
酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)
mixiまねて「mixy」… 携帯ぞろぞろ偽サイト(産経新聞)

新潟のスキー場、スノボの3人帰らず(読売新聞)

 7日午後3時20分頃、さいたま市桜区に住む自営業谷川大輝さん(40)から「雪山で遭難した」と携帯電話で新潟県警に110番があった。

 県警が電波から位置を特定したところ、同県津南町の山中とみられる。谷川さんは、友人2人とスキー場へ来ていたとみられ、県警は3人が遭難した可能性もあると見て捜索している。

 発表によると、谷川さんの乗用車は同県湯沢町の「かぐらスキー場」の駐車場で発見された。家族は「5日夜に友人2人と新潟のスキー場にスノーボードに行った」と話している。

 県警は7日夕でいったん捜索を打ち切り、8日朝から再開する。現場周辺は7日夕まで雪だったが、夜はやんでいるという。

トランス事件 架空増資で元役員を逮捕(産経新聞)
東京の輸入代行業者を略式起訴 タミフル販売で(産経新聞)
トキ 富山で確認 08年に佐渡で放鳥(毎日新聞)
わいせつDVD通販統括役ら7人逮捕=23億円超売り上げか−所持容疑など・警視庁(時事通信)
首相動静(3月7日)(時事通信)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
探偵
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
カードでお金
ネイルサロン
借金整理
selected entries
archives
recent comment
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    カナ (08/30)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    めたぼ (07/15)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ふにゃバット (06/02)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    へらちゅう (05/27)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    桃医 (01/09)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    パイン (12/11)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM